新潟県の名人級の語り部を選定し収録した越後の昔話CD。語りの達人と言われる古老が地の方言で語る貴重で楽しい新潟県民話語りの醍醐味をご堪能ください。民話ファンや昔話の語り部を目ざす方は是非聞いてみたい昔話CDです。

播州皿屋敷

高橋ハナむかしがたり

新潟県長岡市(旧三島郡越路町)の高橋ハナさんの昔話。昔話独特の語り調子と、いきいきしたリズムが分かるとお話が語り始めます。ぜひCDでむかしばなしを聞いてみてください。

播州皿屋敷(幽霊話)

あったてんがの。

しんしょうのいいだんな様があったと。

そこへお菊というきれいな娘が奥女中に上がったと。

だんな様がお菊をかわいがるんだんが、他の女中はお菊をにっくがると。

ある時、お客様が取れて、大事な宝物のお皿を出したと。

お皿は十枚あって、大事にしていたと。

そのお皿は、お菊が出したり、しまったりしることになっているのだと。

お客様が帰ってそのお皿をお菊がしまうとて数えてみたら、九枚しかなかったと。

なんべん数えてみても九枚しかない。

お菊が泣いていると、家来のものがお菊を打ち首にして古井戸の中に投げ込んだと。

ほうしたら毎晩毎晩、古井戸の中から悲しげな声で、一枚、二枚、三枚、四枚、五枚、六枚、七枚、八枚、九枚と一枚足りないと泣いている声がしたと。

そうしるんだんが、家来のものに言い付けて、古井戸の中を調べさせたと。

ほうしたら井戸の中から、お菊の死体が上がったと。

いろいろ調べてみたら、仲間の女中が皿を隠したことが分かって、その女中は打ち首になったと。

お菊の死体にお経をあげてもらって、お墓に埋めてもらったと。

いきがさけた。

 

幽霊話>をテーマとしたお話です。

昔話CDのご紹介(全11枚)

じっくり聞かせる名人噺CD

とにかく面白くて楽しいCD

バラエティ豊かな名人選CD

昔話CDのご注文ができます。

PAGETOP
Copyright © 越後の昔話名人選CD All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.