新潟県の名人級の語り部を選定し収録した越後の昔話CD。語りの達人と言われる古老が地の方言で語る貴重で楽しい新潟県民話語りの醍醐味をご堪能ください。民話ファンや昔話の語り部を目ざす方は是非聞いてみたい昔話CDです。

キツネのちょうちん

高橋ハナむかしがたり

新潟県長岡市(旧三島郡越路町)の高橋ハナさんの昔話。昔話独特の語り調子と、いきいきしたリズムが分かるとお話が語り始めます。ぜひCDでむかしばなしを聞いてみてください。

キツネのちょうちん(人とキツネ)

あったてんがの。

あるろこに、炭焼きじさがいたと。

山で炭を焼いてそれを町に売りに行くと。

ある日、町からの帰り道、山道にかかって真っ暗になってしまったと。

生暖かい風がフワフワと吹いてきて、なんだか気味の悪い晩だったと。

じさがひょいと前のほうを見ると、きれいなお嬢様がちょうちんを持ったお供を連れて、歩いているてんがの。じさは

「あのちょうちんについていこう」

と気をもんで歩くろも、続かんねえてんがの。じさは

「こら不思議だ。キツネだかも知らんな」

と思ってよく見たれば、供のけつにでっかいしっぽが出ていると。

じさはおかしくなって、

「そのしりっぽをちっと引っ込ませれや」

とようたら、しりっぽを半分引っ込ませたと。

またちっとめると、しりっぽをみんな出して歩いていると。じさが

「おい、化けるなら、もっと上手に化けれや。そんげの化け方していると、つかめるぞ」

とようたら、キツネはたまげて、お嬢様も供もキツネの姿になって、ちょうちんをおっぱなしてやぶの中に逃げていったと。

じさはちょうちんを拾って家に持ってきて、大事にしていたと。

つぐのようさる(夜)、トントンと戸をたたく音がしるんだんが、じさが戸を開けて見たれば、きれいなお嬢様が立っていると。ほうして

「ようべのちょうちんを返してくんねせい」

とようたと。じさは

「このちょうちんおら大事にしもうておこうと思っている」

とじさがようと、

「おらキツネだ。娘を嫁にくれるに、今夜、その行列にちょうちんがいるすけ、どうか返してくんねせい」

とようたと。

じさが返してやったら、その晩の夜中にキツネの嫁入りがあって、ちょうちんがいくつも見えたと。

いきがさけた。

おはなし

……読み比べてみたい昔話

  1. キツネの恩返し
  2. キツネと山伏
  3. ばくろうとキツネ
  4. あにとキツネ
  5. キツネの仕返し
  6. 平兵衛のいたずらもの
  7. キツネにだまされた嫁
  8. 庄屋とキツネ

共に<人とキツネ>をテーマとしたお話です。

昔話CDのご紹介(全11枚)

じっくり聞かせる名人噺CD

とにかく面白くて楽しいCD

バラエティ豊かな名人選CD

昔話CDのご注文ができます。

PAGETOP
Copyright © 越後の昔話名人選CD All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.