新潟県の名人級の語り部を選定し収録した越後の昔話CD。語りの達人と言われる古老が地の方言で語る貴重で楽しい新潟県民話語りの醍醐味をご堪能ください。民話ファンや昔話の語り部を目ざす方は是非聞いてみたい昔話CDです。

ツルの涙

高橋ハナむかしがたり

新潟県長岡市(旧三島郡越路町)の高橋ハナさんの昔話。昔話独特の語り調子と、いきいきしたリズムが分かるとお話が語り始めます。ぜひCDでむかしばなしを聞いてみてください。

ツルの涙(動物の報恩)

あったてんがの。

ある村の子どもが山へたきぎを取りにいったてんがの。

のどがかわいて谷間へ水を飲みにいったてんがの。

ほうしたら、足の長い、白い羽の鳥が足痛めて、たたんねでいたてんがの。子どもは

「こらあ、気の毒だ」

と思うて家に連れてきて、傷の手当てをしてやったてんがの。村のもんが

「まあ、きれいな鳥だ」

とようて見にくるども、なんとよう鳥だか分からんと。

そうしたら、年寄りのじさが

「こらあ、ツルとよう鳥だ。ツルはめでたい、いい鳥だ」

とようんだんが、村のショがえさをやりに来てくれて、ツルの傷は治ってゆくと。

そのうちにツルの傷はきれいに治ったと。

村に田植えが始まるてがんに、いつまでめても雨が降らんで、水がなくて田植えしらんねかったと。村のもんが

「ツルが来ていいことがあるてがらろも、悪いことばっかだ。いつも田植え時には雨が降るんだろも、ツルがきてからいっこう雨が降らねえ」

とようて、だれもえさを持ってくるもんがいなくなったと。

そうしるんだんが、ツルを連れてきた男の子は、ある日ツルを連れて山のふもとの谷間へ行ったてんがの。

「ツル、ツル、きょうはおめえと別れだぞ。おめえがきてから、田植えに雨が降らねえとようて、えさを持ってきてくれる人もねえなった」

そうようてツルを放してやったと。

そうしたら、ツルはボロンボロンと涙を流して泣いていたてんがの。

その涙が谷間を流れて、川になっていくらでも水があるようになったてが。

そうして村は楽々と田植えが終えたと。

村のもんがツルのどこへお礼にいったろも、もうツルの姿は見えなかったと。

いきがさけた。

おはなし

……読み比べてみたい昔話

  1. ヘビの恩返し
  2. ハチの恩返し
  3. ツルの恩返し
  4. お月様と子ども
  5. 猫の恩返し
  6. 三匹の田

共に<動物の報恩>をテーマとしたお話です。

昔話CDのご紹介(全11枚)

じっくり聞かせる名人噺CD

とにかく面白くて楽しいCD

バラエティ豊かな名人選CD

昔話CDのご注文ができます。

PAGETOP
Copyright © 越後の昔話名人選CD All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.