新潟県の名人級の語り部を選定し収録した越後の昔話CD。語りの達人と言われる古老が地の方言で語る貴重で楽しい新潟県民話語りの醍醐味をご堪能ください。民話ファンや昔話の語り部を目ざす方は是非聞いてみたい昔話CDです。

お月様と子ども

高橋ハナむかしがたり

新潟県長岡市(旧三島郡越路町)の高橋ハナさんの昔話。昔話独特の語り調子と、いきいきしたリズムが分かるとお話が語り始めます。ぜひCDでむかしばなしを聞いてみてください。

お月様と子ども(動物の報恩)

あったてんがの。

ある川のそばにばさと子どもが住んでいたと。

ある日ばさがまんましようと思ったら、かめに水がないと。

男の子がいろりにつかまっていたんだんが、

「おめえ、水くんできてくれや」

と頼んだと。子どもは

「おら水くみなんかやだ」

とようたと。ばさは

「この子はまあ」

とにらみつけたと。子は

「ばさなんか、おっかんねえ」

とようて、水くみに川へ行ったてんがの。

いつまでたっても子どもが帰ってこねんだんが、

「なにしているがらろ」

と川へ迎えに行ったと。

川にちんこいマスの子がいっぺえ来たと。ばさが

「マスの子、おらちの子が水くみにきたが、知らんか」

ときいたら、

「おら、知っているろも、聞かせねえ。おらのこと馬鹿マスだとようたすけ」

とマスの子がようたと。

こんだ、サケがいっぺい上ってきたんだんが、

「サケサケ、おらちの子が水くみにきたが、どこへ行ったか知らんか」

と聞いたと。サケが

「おらこと、神様の魚だとようたすけ、おせて(教えて)やる。あの子はお月様のどこへ行った。あの子は悪い子だすけ、お月様に連れて行かれて、お月様の黒い影になった」

とようたと。

ほうしるんだんが、ばさはお月様の影をいつもながめていたと。

いきがさけた。

おはなし

……読み比べてみたい昔話

  1. ヘビの恩返し
  2. ハチの恩返し
  3. ツルの恩返し
  4. ツルの涙
  5. 猫の恩返し
  6. 三匹の田

共に<動物の報恩>をテーマとしたお話です。

昔話CDのご紹介(全11枚)

じっくり聞かせる名人噺CD

とにかく面白くて楽しいCD

バラエティ豊かな名人選CD

昔話CDのご注文ができます。

PAGETOP
Copyright © 越後の昔話名人選CD All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.