新潟県の名人級の語り部を選定し収録した越後の昔話CD。語りの達人と言われる古老が地の方言で語る貴重で楽しい新潟県民話語りの醍醐味をご堪能ください。民話ファンや昔話の語り部を目ざす方は是非聞いてみたい昔話CDです。

ハチの恩返し

高橋ハナむかしがたり

新潟県長岡市(旧三島郡越路町)の高橋ハナさんの昔話。昔話独特の語り調子と、いきいきしたリズムが分かるとお話が語り始めます。ぜひCDでむかしばなしを聞いてみてください。

ハチの恩返し(動物の報恩)

あったてんがの。

あるどこへしんしょうのいいあきんど(商人)があったと。

そこの家じゃ酒も造っていてごうぎな酒蔵があったと。

その酒蔵の中ヘハチがはいって酒樽の縁(ふち)へいっぺえくっついていると。

若いショがハチに刺されると困るてがで、ハチを棒でたたいていると、主人が出できて

「ハチをかまうな。かまわんけりゃ人を刺すことはない」

そうようて、酒粕を庭へ投げたと。

そうしたら、ハチはみんなそこへ寄ってきて粕をなめていたと。

ある時、主人が馬10頭に品物つけて、若いショ大勢連れて、行ったてんがの。

山賊の出そうな、おっかなげの山道を通って行くと、

「こっげなどこは急いで通った方がいい」

と気をもんで急いで行くうちに、山の林の中から、ワハハとようて山賊が出てきたと。

見ると、鉈振り上げて、前の道も後ろの道もふさいではさみうちにしたと。

ほうしるんだんが、若いショも、馬方も、荷物を置いて逃げたと。

主人もおっかねんだんが、木の陰に隠れて見ていたと。

その時、ハチが一匹出できて、空へ向かって飛んでいったと。

主人は馬も荷物も取られてしもうておおごとらと思うていたら、空から赤い雲のようなものが近付いて来ると。

良く見ると、ハチのかたまりで山賊の頭や顔や手などめちゃくちゃに刺したと。

山賊はたまげて馬も荷物も置いて逃げていってしもうたと。

ハチのおかげで荷物は主人のどこへ戻って助かったと。

いきがさけた。

おはなし

……読み比べてみたい昔話

  1. ヘビの恩返し
  2. ツルの恩返し
  3. ツルの涙
  4. お月様と子ども
  5. 猫の恩返し
  6. 三匹の田

共に<動物の報恩>をテーマとしたお話です。

昔話CDのご紹介(全11枚)

じっくり聞かせる名人噺CD

とにかく面白くて楽しいCD

バラエティ豊かな名人選CD

昔話CDのご注文ができます。

PAGETOP
Copyright © 越後の昔話名人選CD All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.