新潟県の名人級の語り部を選定し収録した越後の昔話CD。語りの達人と言われる古老が地の方言で語る貴重で楽しい新潟県民話語りの醍醐味をご堪能ください。民話ファンや昔話の語り部を目ざす方は是非聞いてみたい昔話CDです。

ムジナととっつぁ

高橋ハナむかしがたり

新潟県長岡市(旧三島郡越路町)の高橋ハナさんの昔話。昔話独特の語り調子と、いきいきしたリズムが分かるとお話が語り始めます。ぜひCDでむかしばなしを聞いてみてください。

ムジナととっつぁ(化け物退治)

あったてんがの。

ある村にムジナが出て、人を化かしてみんなが困っていると。

勇気のあるとっつぁが

「よし、おれが退治してやる」

とようて、ナタ一丁持って山へ行ったと。

ムジナの出るようなでっかい木の上に登っていったと。

そのうちに、日が暮れて真っ暗になったと。

とっつぁが木の上で、ムジナが来るか来るかと待っていたと。

村の方からちょうちんの明りが見えたと。若い男がちょうちんを持ってとっつぁのいる木の下へ来て、

「とっつぁ、ばさが死にそげだすけ、早く来てくらっしゃい」

とようたと。とっつぁは

「ばさが死んでも、おらいがん」

とようたと。

その男は行ってしもうたと。

またちいとめると、さっきなの男が来たと。

「とっつぁ、とっつぁ。ばさが死んだすけ、早く来てくらっしゃい」

とようたと。とっつぁが

「ばさが死んでも、おらいがん」

とようたんだんが、男は行ってしもうたと。

またちいっとめると、こんだそうれい(葬礼)が、出てきたと。

大勢で棺桶をかたねてくると、チンドングサリ、チンドングサリといろいろの音させてとっつぁの方へ来ると。

とっつぁのいる木の下へ来ると、棺桶を下ろして、お経をグダグダと申して行ってしもうたと。

そうすると、棺桶がブツンとよう音がして、中から真っ青い顔をしたばさが出てきたと。

とっつぁがナタをしっかりたがいて待っていると、ばさがムザンムザンとほうて木に上がってきて、とっつぁのいる木に登ってきたと。ほうして

「おれが死んだてがんに、なぜ来ねや」

とようて、とっつぁのそばまできたと。

とっつぁがナタを振り上げてばさの頭をはたいたと。

キャッとようて、下へ落ちたと。

とっつぁは木の上で夜の明けるがん待っていたと。

そのうちに明るなって、村のショが

「退治できたか。退治できたか」

とようてきたと。

とっつぁが木から下りてみれば、でっこいムジナが死んでいたと。

いきがさけた。

おはなし

……読み比べてみたい昔話

  1. まごべえのおっかんがりや
  2. ばさと猫
  3. ねこまた
  4. 化けムジナ
  5. クモの化け物
  6. きのこの化け物

共に<化け物退治>をテーマとしたお話です。

昔話CDのご紹介(全11枚)

じっくり聞かせる名人噺CD

とにかく面白くて楽しいCD

バラエティ豊かな名人選CD

昔話CDのご注文ができます。

PAGETOP
Copyright © 越後の昔話名人選CD All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.