新潟県の名人級の語り部を選定し収録した越後の昔話CD。語りの達人と言われる古老が地の方言で語る貴重で楽しい新潟県民話語りの醍醐味をご堪能ください。民話ファンや昔話の語り部を目ざす方は是非聞いてみたい昔話CDです。

きのこの化け物

高橋ハナむかしがたり

新潟県長岡市(旧三島郡越路町)の高橋ハナさんの昔話。昔話独特の語り調子と、いきいきしたリズムが分かるとお話が語り始めます。ぜひCDでむかしばなしを聞いてみてください。

きのこの化け物(化け物退治)

あったてんがの。

あるどこへ、お宮があったてんがの。

そのお宮の裏に、毎晩化け物がいっぺえ出て、歌ったり、踊ったり、しているてんがの。

その村に踊りの大好きなじさがいて、

「その化けもん、おらが行って見届けてくれる」

とようて、ようさる、出かけていったてんがの。

行ってみると、お宮の裏で、小人がいっぺえ集まって、歌ったり、踊ったりしているてんがの。

じさは踊りが大好きだんだんが、その中へ入って踊っているてんがの。

踊りしまに、

「ねら、何の化け物だ」

と聞くと、

「おら、きのこの化けもんだ。おめえこそ、何の化けもんだ」

とようたと。じさは

「ほうか。おら、人間の化けもんだ」

とようと、化けもんは

「ほうか人間の化けもんだか。おめえ、何がいっち嫌いだ」

ときいてきたと。じさが

「おれは、お金の大判、小判がいっち嫌いだ。ねらこそ、なにがいっち嫌いだ」

と聞いたと。化けもんは

「おら、ナスの塩水だ」

とようて踊っていたてんがの。

ほうしているうちに、小人がめいめい、大判、小判を持って来て

「そら、大判小判投げれ」

とようて、じさにぶつけたてんがの。じさは

「おっかね、おっかね」

と踊っているてんがの。

ほうして、じさは

「おら、おっかねすけ、逃げる、逃げる」

といって、家にいったてんがの。

ほうして、ナスの塩水桶にひっとつ(いっぱい)こしらってきて、ひしゃくにくんじゃ

「ほうら、ナスの塩水だ」

とようて、頭からジャンジャンかけたてんがの。

小人は何時の間にか、みんなどっかへいってしもうたてんがね。

それから、お宮には、化けもんが出ねえようになったてんがの。

じさは大判、小判いっぺえもらってよかったとさ。

いきがさけた。

おはなし

……読み比べてみたい昔話

  1. ムジナととっつぁ
  2. まごべえのおっかんがりや
  3. ばさと猫
  4. ねこまた
  5. 化けムジナ
  6. クモの化け物

共に<化け物退治>をテーマとしたお話です。

昔話CDのご紹介(全11枚)

じっくり聞かせる名人噺CD

とにかく面白くて楽しいCD

バラエティ豊かな名人選CD

昔話CDのご注文ができます。

PAGETOP
Copyright © 越後の昔話名人選CD All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.