新潟県の名人級の語り部を選定し収録した越後の昔話CD。語りの達人と言われる古老が地の方言で語る貴重で楽しい新潟県民話語りの醍醐味をご堪能ください。民話ファンや昔話の語り部を目ざす方は是非聞いてみたい昔話CDです。

ばさと猫

高橋ハナむかしがたり

新潟県長岡市(旧三島郡越路町)の高橋ハナさんの昔話。昔話独特の語り調子と、いきいきしたリズムが分かるとお話が語り始めます。ぜひCDでむかしばなしを聞いてみてください。

ばさと猫(化け物退治)

あったてんがの。

ばさが猫を飼っていると。

長く飼っているんだんが、家族のように大事にしていると。

ばさには、せがれが一人いたが、目が悪くて、三味線持って歌って歩いていると。

ある日、殿様の屋敷に呼ばれて、行ったきり帰ってこないと。

ばさが心配して行ってみたら、だれも知らんとようたと。ばさが

「こらあ、きっと殺されたのだが、敵をとりたいたってどうにもならねえ」

とようて、猫に

「おめえ、せがれの敵を取ってきてくれ。おれが死んだら、おれの血をなめてくれ。そうして、敵を取ってくれ」

とようて、ばさはのどを切って猫に血をなめさせたと。

猫は家を出で、それっきり帰ってこなかったと。

猫はお屋敷にいって女中を殺して、自分で女中になり切っていると。

歌が上手で器量もいいんだんが、奥方に気に入れられて、奥方の側女中になってそばにいるうちに、奥方を殺して、自分で奥方に化けていたと。

ある晩、夜中に家来が呼ばれて、行ってみたら、猫の姿になって、行灯(あんどん)の油をなめていたと。

それを見た家来が大勢仲間を呼んで猫退治したと。

女中はみんな猫だったと。

みんな殺しては味方に付けていたと。

せがれは蔵の壁の中に塗りこんであったと。

いきがさけた。

おはなし

……読み比べてみたい昔話

  1. ムジナととっつぁ
  2. まごべえのおっかんがりや
  3. ねこまた
  4. 化けムジナ
  5. クモの化け物
  6. きのこの化け物

共に<化け物退治>をテーマとしたお話です。

昔話CDのご紹介(全11枚)

じっくり聞かせる名人噺CD

とにかく面白くて楽しいCD

バラエティ豊かな名人選CD

昔話CDのご注文ができます。

PAGETOP
Copyright © 越後の昔話名人選CD All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.