新潟県の名人級の語り部を選定し収録した越後の昔話CD。語りの達人と言われる古老が地の方言で語る貴重で楽しい新潟県民話語りの醍醐味をご堪能ください。民話ファンや昔話の語り部を目ざす方は是非聞いてみたい昔話CDです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 下條登美

タグ : 下條登美

昔話の好きな婆さ|昔語り:下條登美・石田ヨミ

昔、ある所に、昔話の好きな婆さがいて、俺がやめてくれというまで昔話を語った者に三人の娘の内の一人をくれてやるというと、座頭がやってきて俺が話をするからその娘をもらいたいと話し始めたが、…。

若返りだんご|昔語り:下條登美

ある所に子のない夫婦がいた。子供が欲しくて鎮守様に願掛けをしたが、神様がお前にやる子供は無いがこの若返りダンゴを持って帰れと言われた。二人してどちらがダンゴを食うかで喧嘩していたら魚売りが来て…。

サルと蛙の寄合餅|昔語り:下條登美

ある村で子供の誕生餅を搗いていたが、猿と蛙が餅を盗る算段をして、蛙が井戸の中で子供の泣き真似をして、家の者が出る隙に猿が餅を盗ることにした。成功したが、猿は餅臼を転がして早く取った方が全部取ろうと…。

大年の客|昔語り:下條登美

大晦日の日の晩にザトンボが泊めてくれと言ってきた。誰も泊める者はいなかったが、情け深い爺さと婆さが泊めてやった。すると、明日、若水を汲みに行って井戸に落ちたら「何玉があがる」と引き上げてくれという…。

食わず女房|昔語り:下條登美

ある所に欲張りの兄さがいて飯を食わずに働く嫁が欲しいと思っていると、食わずに働く嫁が来た。しかし、嫁は兄さが出かけると大釜に米を沢山炊いて「目も食え鼻も食え」と頭の中へ握り飯を投げこんでいた…。

仁王|昔語り:下條登美

ある所に仁王様がいらして、日本で俺以上の力持ちはいないと言うと、後ろで八幡様が中国に居るとお守りをくれた。仁王は中国を尋ねたが、年寄りの婆さに聞くとそれは倅だと言い、毎日米を四俵食うと聞いた仁王は…。

サルの生き胆|昔語り:下條登美

ある時、竜宮の乙姫様が病気で猿の生き胆を食べれば治ると言われ、亀は猿を竜宮へ連れて行って遊ばして食っちゃ寝させていたが、ある日、くらげが猿にお前の生き胆を乙姫様に食わせるを話してしまう。すると猿は…。

PAGETOP
Copyright © 越後の昔話名人選CD All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.