新潟県の名人級の語り部を選定し収録した越後の昔話CD。語りの達人と言われる古老が地の方言で語る貴重で楽しい新潟県民話語りの醍醐味をご堪能ください。民話ファンや昔話の語り部を目ざす方は是非聞いてみたい昔話CDです。

三匹の田

高橋ハナむかしがたり

新潟県長岡市(旧三島郡越路町)の高橋ハナさんの昔話。昔話独特の語り調子と、いきいきしたリズムが分かるとお話が語り始めます。ぜひCDでむかしばなしを聞いてみてください。

三匹の田(動物の報恩)

あったてんがの。

ある村にしんしょうのいいだんな様があったと。

ある時、隣の家のじさがタヌキを一匹取って持ってきたと。じさは

「このタヌキは悪い奴で、おれがこないだ、町から帰って来る時、ばさに化けて、買ってきた魚、んな取って食ってしもうた。今日はつかめたすけ、タヌキ汁にして食おういの」

とようたと。

だんな様がタヌキを見たら、タヌキが手をついて涙ボロボロだして謝っているがだと。だんな様は

「かわいそうに。今日だけはこのタヌキ勘弁してやって放してくれ」

と頼み、タヌキに

「タヌキや、こんだ人を化かしたり、人の物を取ったりしんな」

とようて、綱を切って放してやったと。

タヌキは喜んで山へ逃げていったと。

それから幾月もたってから、だんな様が山の荒れ地に行ってみたら、いつの間にか田は起こされてきれいになっていたと。

「だれが起こしたのだろう」

と思うて、家にきて聞いてみるろも、だれも知らんと。

昼間行って見るろも、だれもいないと。

夜、だんな様が隠れて行ってみていたと。

ほうしたら、助けてやったタヌキと、そのかかと、小タヌキと三匹で、

「やっとこどっこい、そら起こせ。やぶも木もそら起こせ。秋には稲の穂が垂れる」

と歌いながら、鍬で掘り起こしていたと。だんな様は

「おや、助けてやったタヌキだ」

とたまげていたと。

ほうして、秋になったら、タヌキのしっぽのようなでっこい穂が出たと。

それでその田んぼを三匹の田とようたと。

いきがさけた。

おはなし

……読み比べてみたい昔話

  1. ヘビの恩返し
  2. ハチの恩返し
  3. ツルの恩返し
  4. ツルの涙
  5. お月様と子ども
  6. 猫の恩返し

共に<動物の報恩>をテーマとしたお話です。

昔話CDのご紹介(全11枚)

じっくり聞かせる名人噺CD

とにかく面白くて楽しいCD

バラエティ豊かな名人選CD

昔話CDのご注文ができます。

PAGETOP
Copyright © 越後の昔話名人選CD All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.